1級・2級建築施工管理技士2次検定 令和5年11月12日(日)

1級建築施工管理技士1次検定 実力チェック問題 環境工学

実力チェック問題

環境工学「日照日射、採光照明、換気伝熱、音、色彩」の中からランダムに10問出題されます! 
10回連続満点を出せるレベルを目指しましょう!!

中央管理方式の空気調和設備を設ける場合、室内空気の浮遊粉塵の量は、__mg/m²以下となるようにする。
南面の垂直壁の可照時間は、春分より夏至の方が___い。
壁の内部に中空層を設け2重壁とする場合、中空層が厚くなればなるほど断熱効果が___なる。
均等拡散面上における輝度は、照度と反射率との積に___する。
_____は、1時間当たりに必要な室内の空気を入れ替える量で表される。
中央管理方式の空気調和設備を設ける場合、室内空気の一酸化炭素の濃度は、___ppm以下となるようにする。
___とは、受照面の単位面積当たりの入射光束をいう。
聞こうとしている音が、それ以外の音の影響によって聞きにくくなることを____効果という。
壁体の熱伝達抵抗と熱伝導抵抗の____を、熱貫流率という。
残響時間とは、音が鳴りやんでから、はじめの音圧レベルより __ dB 減衰するのに要する時間のことをいう。